教員免許更新講習制度について | 星槎大学|教員免許状更新講習センター

教員免許更新講習制度について

教員免許更新制について (文部科学省から引用)

目的

この制度は、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の技能を身につけることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。平成21年の教育職員免許法の改正施行に伴い、教員免許状の有効期限が10年間となったことから、10年に一度教員免許状の更新が義務付けられ、免許状の有効性を維持するためには、2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要です。

基本的な制度設計について

  • 新免許状(※1)には10年間の有効期間が付されます。
  • 有効期間を更新して免許状の有効性を維持するには、2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要です。
  • 旧免許状(※2)所持者にも、更新制の基本的な枠組みが適用されます。


※1 平成21年(2009年)4月1日以降に初めて授与された免許状
※2 平成21年(2009年)3月31日以前に初めて授与された免許状
   旧免許状所持者が平成21年4月1日以降に新たに免許状を授与された場合も、旧免許状として授与されます。
   旧免許状には有効期間は付されませんが、生年月日によって最初の修了確認期限が設定されます。
   更新講習修了確認を受けて免許状の有効性を維持するには、2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要です。
   教員免許状を有効な状態で保持するためには、有効期間満了日又は修了確認期限の2年2か月前から2か月前までの2年間に、
   大学などが開設する30時間以上の免許状更新講習を受講・修了した後、免許管理者(都道府県教育委員会)に申請する必要があります。
   また、有効期間の延長又は修了確認期限の延期、講習の受講免除が可能な事由に該当する場合、免許管理者(都道府県教育委員会)
   に申請することにより、有効期間の延長又は修了確認期限の延期、講習の受講免除が可能な場合があります。

 

  教員免許更新制に関する詳細は、文部科学省のホームページをご覧ください。

 

ご自身の免許状と確認期限については「新・旧免許状と確認期限について」ページをご参照ください。

星槎大学の取組みについて

本学では、平成21年4月より実施された「教員免許状更新講習」に積極的に取り組んでおり、これまで約170,000人の方々に受講して頂いています。特に最近では、学校を取り巻く環境で起こり得る課題について、解決に繋がる一助となるよう、一般的な講義・演習・実習のほか、グループワークなどを加えることにより、本学教員と受講生との双方向型の実践的な内容となっています。

 

  • 障がい等により特別な配慮が必要な方の受講について
    特別な配慮が必要な方は、お申込み前の講習日の3か月前までにご相談ください。
  • 個人情報の取扱いについて
    受講申込み等に伴う個人情報は、更新講習に関するする業務以外の目的には利用しません。

星槎大学の更新講習について

本学では平成21年4月より実施された「教員免許状更新講習」に積極的に取り組んでおり、これまで約170,000人の方々に受講して頂いています。特に最近では、学校を取り巻く環境で起こり得る課題について、解決に繋がる一助となるよう、一般的な講義・演習・実習のほか、グループワークなどを加えることにより、本学教員と受講生との双方向型の実践的な内容となっています。

星槎大学では更新講習を義務で受けるのではなく、楽しんで受講頂き、教育の現場に持ち帰って頂きたいという想いがあり、旭山動物園でのジトカン(じっと観察)、水俣の地から考える環境学習、音楽のグループワークなど、ユニークなプログラムをたくさんご用意しています。

星槎大学では受講者の方々のライフスタイルやニーズに合わせて「対面講習」と「通信講習」の二つのスタイルを用意しています。対面講習は会場で講義を受けて一つ一つの講習をクリアしたい方に適しています。また、通信講習は部活や子育てなどで予定がたてにくく、自分のペースで受講したい方に適しています。

im_icon_totop

PAGETOP