教員免許状更新講習「対面講習」について | 星槎大学|教員免許状更新講習センター

教員免許状更新講習「対面講習」について

星槎大学の更新講習は、受講生のライフスタイルに合わせた講習をお選びいただけます。星槎大学では更新講習を義務で受けるのではなく、楽しんで受講頂き、教育の現場に持ち帰って頂きたいという想いがあり、旭山動物園でのジトカン(じっと観察)、水俣の地から考える環境学習、音楽のグループワークなど、ユニークなプログラムをたくさんご用意しています。特に最近では、学校を取り巻く環境で起こり得る課題について、解決に繋がる一助となるよう、一般的な講義・演習・実習のほか、グループワークなどを加えることにより、本学教員と受講生との双方向型の実践的な内容となっています。対面講習と通信講習の組み合わせも可能です。

当日のスケジュールや持ち物・注意事項などのはお申込み後に送付する「受講の手引き・学修指導書(対面講習)」でご確認ください。 下記より、全国の講習会場をご確認いただけます。講習会場の確認は コチラ

 

本年度の対面講習は大変心苦しいのですがコロナの影響で大幅に対面講習数を減らしております。また、開講予定の対面講習もコロナの影響で「対面講習の取りやめ」、または「通信講習への振替」になる可能性がありますのでご理解のほどよろしくお願いします。

 

btn_priceList

 

 

対面講習について

星槎大学の対面講習では、必修領域6時間・選択必修領域6時間及び選択領域18時間の合計30時間を履修する場合は、直接会場に足を運んでいただいて、 5日間の受講となります。 座学だけでなく講習内容に合ったグループワークやフィールドワークなど具体的で実践的な講習を行い、他校種の先生方との交流が行なえる点も特色の一つです。

対面講習の流れ

flow_taimen

 

対面講習のスタイルは2つ

ライブ方式

live

受講会場で講師よりダイレクトに
講義を受けるスタイルです

 

テレビ会議システム方式

tv

受講会場をテレビ会議システムで結び、
全国の受講者が同時双方向で受講できるスタイルです

 

 

旭山動物園との連携による
「いのち」について考える講習

会場:旭山動物園(北海道旭川市)

閉園の危機から一転、動物の自然な生態が見られる行動展示を実施することなどにより、日本で最も人気のある動物園の一つとなった北海道旭川市の旭山動物園を会場に実施しました。普段は入ることができないバックヤードで直接飼育担当の方の説明を受け、動物の動きなどを「ジトカン(じっと観察)」するなど、生き物の「いのち」やそれを支える食についての学習指導、保険・栄養指導などの企画・実践などについても学びました。

 

kouza1_1kouza1_2kouza1_4        

 

voice

  • 「管理している中で解放していくか」という言葉が心に残っています。学級運営に生かしていきたいと思っています。(30代男性)

  • 日々動物と接する中で「心で感じる」ことの大切さを教えていただきました。生徒 との心の交流を改めて学びました。(40代女性)

  • 動物園での「ジトカン(じっと観察)」は楽しかったです。これを通じて、生徒の行動変化の気づきへのヒントをいただきました。(40代女性)

  • 今までの自分の生き方を変えてしまうくらいのインパクトのあるお話でした。何かを実践してみたいと思います。(50代男性)

  • 食と命・環境の関わりを理解することができ、子どもたちに伝えていかなかればならなと強く感じました。(40代女性)

 

教育に芸術のチカラを
―音楽を様々な授業・指導に用いて意欲と表現力を高める―

会場:星槎学園北斗校(横浜市緑区)

プロのバイオリニストや様々な楽器を演奏できるスタッフも加わり、音楽により子どもたちの心が変化していく実例なども交えつつ、幼児教育、障がい児教育への新たな可能性を提示しました。また、様々な楽器の演奏によるワークショップでは、すべての科目と音楽との繋がりを示しつつ、学校での授業や生活において意欲と表現力の成長を促すための実践方法についても考えました。

 

kouza2_1kouza2_2kouza2_3        

 

voice

  • グループワークの流れが良かったです。多様な意見をまとめて形にしたり、逆に分野の超えた話を結びつけたり、先生の知識の幅の広さに驚きました。受け身の講習ではなく、参加型の講習が良かった。(40代女性)

  • 楽器ができなくても、PCで音楽を作ることができるソフト(DTM)を教えていただきありがとうございました。自分でも使えそう…クラスのオリジナル曲や人形劇のBGMにチャレンジしたいと思いました。(30代女性)

  • ドラムのことを丁寧に教えていただきありがとうございました。リズムを正しく取ることばかりに気を取られていたような気がしました。音を楽しむことですね。(30代女性)

 

btn_ap_internet

PAGETOP